andDX
テーマ

2020.11.19

置いてみないと分からないを解決!バーチャルな物を現実世界に設置できるOkeruAR

課題1

大型りな機材や重機は実際そこに入るのか事前にどうチェックすればいいのか…

大掛かりな重機をレンタルする場合、そこに実際に置くことができるのか?さらに広さだけじゃなく高さは大丈夫なのか。というのを事前に確認するにはかなり大人数で、さらに大掛かりな作業が必要です。重機だけでなく、大きな物の設置を試しに、テストしてみようという方法がありませんでした。

課題2

作業だけの費用ではなく、入るかなどの検証にも費用が必要に

大きな物をレンタルする場、失敗に終わらせることができないため、事前の入念なチェックが必要です。そのために多くの人材を投与し、それだけでなく多くの検証費用も必要でした。作業の費用だけでなく検証のためにかかる費用分に関しては、なかなな多くの予算をとることができないという課題もありました。

これで解決!

オブジェクトを 設置できるARアプリ「OkeruAR」を開発!作業人は1名・スマフォ1台で検証を可能に。

オブジェクトを 設置できるARアプリ「OkeruAR」を開発!作業人は1名・スマフォ1台で検証を可能に。

「OkeruAR」は取得した空間情報を元に、任意の床面に、オブジェクトを設置できるARアプリです。実物を設置してみないと掴みにくかったサイズ感を、アプリケーションを通じて3Dオブジェクトを実寸台で設置してみることで、事前に正確なサイズ感を把握することが可能になります。

試しに大型の重機をAR SYNCで現実世界に置いているシーンを撮影してきましたので以下からご覧ください。

▼AR SYNCなら、大きな物も実寸でマーカーレスでWEB ARで設置できる
https://youtu.be/N0VIiWHp-EQ

非常に大きなものでもまるでその場に置いてあるように確認することが可能です。
大型の物の搬入時や、イベントや舞台のセットなど、実際原寸大で見ないと判断つきづらいものには最適ですね。